転職先の目標

仕事がつまらない状態から抜け出す4つの方法

投稿日:

仕事がつまらない状態から抜け出す4つの方法

仕事がつまらないと感じていても「仕事はつまらないものだ」と自分に言い聞かせながら毎日働いていませんか?

仕事には理不尽で辛い面もあれば、やりがいを感じて面白さを見つけることができるはずです。今の仕事を続けて毎日がつまらないと、あなたに対して少しずつ悪い影響を与えます。

仕事がつまらないと感じながら働き続けることは、確実に人生を悪化させていきます。その一方で、何も考えずに転職をしてしまうとブラック企業に入社してしまうことになります。

そこで、仕事がつまらないけれど、どうすれば良いかわからない人に向けて解決方法を解説します。

仕事がつまらない状態でしてはいけない言動

仕事がつまらないと感じていると、以下4つのような言動をしてしまいがちです。

1.仕事がつまらないまま働き続ける

2.仕事がつまらないことを同僚に相談する

3.行き当たりばったりで転職する

4.ポジティブに捉えるようにする

これら5つの言動は、あなたに対して悪影響を及ぼします。

なぜこれらの言動が悪影響を及ぼすかについて説明します。

仕事がつまらない状態で働き続ける

仕事がつまらない状態で働き続けるとあなたにとって様々なデメリットがあります。

・社会人として成長する機会を失う

・上司や同僚から評価されない

・収入が増えない

なぜならば、仕事がつまらないと感じて仕事をしている人が高く評価されることはないからです

たとえば、仕事がつまらないからといって目標もなく働いていると、経験年数に応じたスキルが身につかないことになります。このような状態が積み重なると、昇格の機会を逃していつまでも収入が増えません。

そのため「仕事がつまらない」という思いが行動に表れないようにしましょう。

仕事がつまらないことを同僚に相談する

仲の良い同期や同僚との会話で、仕事がつまらないと愚痴をこぼすことがよくあります。

しかし、会社の同期や同僚に愚痴をこぼしてもあなたの問題を根本的に解決することはできません

周囲の人に仕事がつまらないと愚痴をこぼすことは、あなたを不利な状況に追い込んでしまいます。

なぜならば、あなたのこぼした愚痴が同期や同僚を通して上司に伝わる可能性があるからです。

たとえば、「仕事がつまらないから辞めたい」と愚痴をこぼして、その愚痴が上司の耳に入ってしまうとやる気のない人物と判断されてしまいます。

会社は、やる気のない社員に責任ある仕事を任せようとは思いません。そして、仕事で成長するチャンスを失ったあなたの経験やスキルが上がることはありません。

会社で仲の良い同僚につい愚痴をこぼしてしまいがちですが、どこから情報が漏れるか分からないので、仕事がつまらなくても周囲に伝えないようにしましょう。

行き当たりばったりで転職する

仕事がつまらないからといって転職をしても問題は解決しません。

なぜならば、仕事がつまらないと感じている原因が分からないまま職場の環境を変えても同じことを繰り返すだけだからです。

たとえば、転職の面接で前職を辞めた理由と入社したい志望動機について質問されます。仕事がつまらないから転職をしているという理由では、どの会社も採用したいと思わないでしょう。

そのため、転職を始める前に仕事がつまらないと感じている状況を分析して、原因を探し出して解決策をとることが必要です。

ポジティブに捉えてストレスを溜めてしまう

仕事がつまらないことをごまかすために、ポジティブに考えようとする人もいます。

前向きに捉えることは効果的に見えますが、逆効果になることがあります。

なぜならば、仕事がつまらない問題が解決されていないままポジティブに振舞うことでストレスを溜めてしまうからです。

たとえば、つまらない仕事に対して「ポジティブにならなければ」と自分に言い聞かせ続けても、やがて限界を迎えます。

この積み重ねがストレスになって、身体の不調に繋がってしまうこともあります。ポジティブに捉えてストレスを溜め込まないようにしましょう。

仕事がつまらないと感じる原因を分析して、解決策を探しましょう。

仕事がつまらない原因

仕事がつまらないと感じたら、なぜつまらないと感じたか原因を分析しましょう。

主に以下7つが原因で仕事がつまらないと感じる傾向があります。

1.結果を出せていない

2.今の仕事が将来に繋がっていない

3.仕事に適合できていない

4.人間関係にストレスがある

5.仕事で評価されない]

6.仕事が忙しい

7.給与、待遇面に不満がある

それぞれの原因とあなたの状況を照らし合わせて分析してみましょう。

仕事で結果を出せていない

仕事で結果を出せていないと、仕事がつまらないと感じてしまいます。

なぜならば、仕事で結果を出すために必要なスキルや経験値が足りていないからです。

たとえば、仕事で辛いことや面倒に感じることに対して逃げている姿勢であれば、成長する機会を無くします。

仕事で成長する機会を失うような消極的な姿勢は、努力をして困難を乗り越える経験が少なかった人に多い特徴です。

今の仕事が将来に繋がっていない

将来やりたいことと、今の仕事が結びついていないと仕事がつまらないと感じてしまいます。

これは、就職する際に明確にやりたいことがなく周りの同級生に流されてなんとなく就職した人に多い傾向です。

たとえば、将来は飲食店の経営者になりたいと考えているにもかかわらず、新卒でなんとなく入社したメーカーで働いていると「今の仕事は将来に役立つのだろうか……」と不安になってしまいます。

ある程度業界が同じで、将来の様子が現実的に描くことができればやりがいを感じることができます。

しかし、今の仕事が自分の将来の仕事につながらないのであれば、仕事への情熱が失われて仕事がつまらないと感じてしまいます。

仕事に適合できていない

人にはそれぞれ仕事に対する適性があります。それぞれの性格や能力によって仕事との相性が見えてきます。

しかし、全ての人が性格や能力がきちんと当てはまる仕事に就いていません。ある程度うまく仕事ができたとしても、自分の性格や能力に合わない仕事を続けているとストレスがたまります

このように苦痛が伴う仕事をしていると「仕事がつまらない」と感じてしまい、辞めてしまいたいと考えてしまいます。

人間関係にストレスがある

会社の人間関係にストレスを感じる要素があると、仕事がつまらなく感じてしまいます。

なぜならば、職場で過ごす時間は1日の活動時間の大半を占めているからです。この重要な時間帯でストレスを感じる人と仕事をすることは苦痛です。

たとえば、会社が体育会系の気質で、当たり前のように上司のパワハラが横行している会社では日常的にストレスを感じてしまいます。

「パワハラなんて慣れてます」といって体育会系に馴染もうとする人もいますが、仕事だからといって部下に八つ当たりしても良いというわけではありません。

このように、日常的にストレスを感じるような人間関係は続けていく価値がありません。心と身体が壊れる前に一刻も早く転職しましょう。

仕事で評価されない

仕事でいくら結果を出しても、会社の評価制度が曖昧では仕事がつまらないと感じてしまいます。

なぜならば、会社の評価判定が曖昧なため、何をすれば仕事で評価されて昇格できるか分からないからです

たとえば、評価制度が明確に示されておらず、上司の独断による評価の場合、実績にかかわらず上司に気に入られることで出世できることになります。

仕事で評価されたいのに、上司との関係で評価されるのでは仕事に対して冷めてしまい「仕事がつまらない」という状態になります。

仕事が忙しい

仕事が忙しくて人生に余裕がないと仕事がつまらないと感じるようになります。

なぜならば、毎日遅くまで残業して休日も休む暇がないと「何のために仕事をしているのだろう」と虚しい気持ちになるからです。

たとえば、平日は終電まで働き土日も働いていると、あなたは仕事で追われるだけの人生を送ることになります。

あなたの人生のほとんどを消耗して働いても、会社が潤うだけであなたの人生が潤うわけではありません

仕事が忙しくて「何のために働いているのだろう」と虚しい気持ちになった場合は、「仕事がつまらない」と感じているサインです。

給与、待遇面に不満がある

給与や待遇面に不満があると、仕事に不満を感じてつまらないと思ってしまいます。

なぜならば、働いた対価が給与に反映されるからです。

多くの時間を費やして会社の仕事をしているにもかかわらず、毎月の給与が生活費で消えてしまうような金額では働いている意味がありません

たとえば、社員を使い捨てのように扱うブラック企業では、サービス残業が横行しています。ブラック企業では、あらかじめ定められた利益を達成させるためにサービス残業が当たり前のようにある雰囲気を作り上げています。

会社の利益をあげることは重要ですが、自分の人生を犠牲にしてまで会社に貢献することに気がついて仕事への情熱が冷めてしまう人もいます。

仕事がつまらない状態を解決する方法

仕事がつまらない状態を解決するには、以下のような方法がおすすめです。

1.将来の目標を明確にする

2.目標が明確になったら今の仕事に集中する

3.上司に相談する

4.転勤や異動を申し出る

「1.将来の目標を明確にする」「2. 目標が明確になったら今の仕事に集中する」は自分自身の意識を変えることで実現できます。

「3.上司に相談する」「4.転勤や異動を申し出る」はあなたの問題ではなく、環境を変えることで解決できます。

それぞれの解決方法について説明します。

将来の目標を明確にする

将来の目標を明確にすることで何のために働いているかが明確になり、仕事への熱意が高まります。

しかし、毎日の仕事に追われていて将来の目標を考えたことがない人も多くいるのではないでしょうか。

そのような場合、以下のように数年後あなたはどのように働いているかを具体的に示してみましょう。

・10年後、部長職に就いて部署を管理している

・15年後、年収が今よりも数倍に上がり、家を購入している

・20年後、会社の経験と人脈を活かして会社を設立している

このように数年ごとに将来の希望を書き出して、そこに向かうために今はどのようなスキルや経験を積んでいけば良いか明確になります

このように先の目標を立ててから現在の状態へと振り返ることで、将来に必要なものが分かります。

これによってあなたの目標が明確になり、毎日の仕事が意味のあるものへと変化していきます。

目標が明確になったら今の仕事に集中する

将来の目標が明確になったら、今の仕事に集中しましょう。

今の仕事があなたの将来に影響するのであれば、一生懸命に集中するべきです。

なぜならば、毎日の積み重ねがあなたの実績となり、会社からの評価に反映されるからです。

仕事に集中して評価されるようになれば「仕事がつまらない」と感じる余地もありません。

毎日の積み重ねは非常に小さなものですが、仕事への熱意がやがて周囲の社員の信頼を得てあなたにプラスの効果を与えるでしょう。

上司や相談窓口に相談する

あなただけの力で解決できない以下のような問題があれば、権限のある上司や相談窓口に連絡することをおすすめします。

・残業や休日出勤が多く、身体がしんどい

・同僚との人間関係に問題がある

・職場でパワハラを受けていて辛い

身体が悲鳴をあげるほど忙しく、休日もない状態であれば仕事量の調整をお願いしたり、サポートをつけてもらえないか相談しましょう。

職場でパワハラを受けているのであれば、その人と関係しないような仕事を振ってもらったり、相手への注意喚起を依頼したりしましょう。配属先を変えてもらうことで解決するようにお願いする方法も良いでしょう。

職場の上司からパワハラを受けている場合は、会社の相談窓口に連絡しましょう。会社に相談窓口が無い場合は、厚生労働省の総合労働相談コーナーの利用をおすすめします。

転勤や異動を申し出る

あなたが現在置かれている環境に問題があれば、別の部署や他の支社に転勤を申し出る方法があります。

会社の待遇に不満がないのであれば、社内での配属先変更で解決できないか相談しましょう。

希望通りの配属先になることは難しいかもしれませんが、今の会社で働いていきたいという意思があれば、配属先を変えることで解決できます。

4.転職で解決する

転職で職場の環境を変えることで、仕事がつまらない状況を解決することができます。

現在勤めている会社でこれまでに述べたような対策をしても解決できない時は、転職をしましょう。

転職先で同じような失敗を繰り返さないために、今の会社での問題点を解決するためにはどのような業界や会社を選べばいいかしっかりと考えていきましょう。

転職エージェントを利用

転職で問題を解決したいと考えているのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで以下のサービスを無料で受けることができます。

履歴書の書き方

職務経歴書の書き方

自己PRのポイント

面接対策

面接日の調整

面接後のアフターフォロー

「なぜこのような手厚いサービスを無料で受けることができるのだろう」と思うのではないでしょうか。

転職エージェントは、良い人材を求めている企業と求職者の間で仲介することで企業から成功報酬を得ているからです

あなたが仕事で忙しくしている間に様々な転職活動をサポートしてくれますので、安心して任せることができます。

職場環境を変えることで問題を快活したいのであれば、転職エージェントを積極的に活用しましょう。

5.まとめ

仕事がつまらないと思いながら何も解決せずに働き続けていると、社会人として成長する機会を失います。その結果、昇格することもできずに同年代と比べて収入も低くなってしまいます。

仕事がつまらないと感じたら、以下の方法でつまらない状態を変えるように行動していきましょう。

1.将来の目標を明確にする

2.目標が明確になったら今の仕事に集中する

3.上司に相談する

4.転勤や異動を申し出る

行動しても問題が解決できないのであれば、転職で環境を変えていきましょう。

転職に踏み切る前のポイントとしては「仕事がつまらない」と感じている問題を明らかにして、転職先で問題を解決できることを確認してから臨みましょう。

第二新卒の転職エージェント一覧

転職エージェント一覧

-転職先の目標

Copyright© 転職ハンターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.