第二新卒の転職活動に役立つ攻略サイトです

管理人_シロヤマ

入社3年以内の第二新卒にとって転職活動は人生で初めての経験です。「新卒で何社も内定を貰ってきたから大丈夫」という過去の栄光は転職活動では役に立ちません。

第二新卒の転職には「どうすれば転職が成功するか?」といった攻略法が必要です。当サイトではそんな第二新卒に向けて転職の攻略法を伝授します。

第二新卒が転職を成功させるための5つのステップ

転職のステップ
01_転職先の目標_step1
02_転職活動の始め方_step2
03_転職エージェントの活用_step3
04_履歴書職務経歴書_step4
05_面接対策_step5
06_内定退職入社_goal

少子化の影響を受けて、若手人材を必要としている企業は数多くあります。

しかし、企業が若手を求めていても「年齢が若ければ誰でも良い」というわけではありません。第二新卒で未熟な経験値だとしても、会社に利益をもたらしてくれる人材を求めています。

そのため、中途半端な人材は必要とされません。あなた自身をしっかりと企業にアピールできなければ、選考の途中で必ず落とされます。

たとえ実績や実力があったとしても、転職の対策をしていなければ内定をもらうことはできません。

インターネットの情報で「第二新卒は実績がなくても転職できる」といった情報が流れていますが、現実は簡単ではありません。

第二新卒だとしても転職活動は厳しいものです。しかし、第二新卒の転職の現実を知ることで、確実に内定を手に入れることができます。

第二新卒の転職に必要な3つのこと

第二新卒の転職で内定を勝ち取るには3つのステップが必要です。

具体的には以下の3つのステップです。

1.転職先への明確なキャリアビジョンと柔軟な考えを持つ

転職活動にあたり、あなたが将来やりたい仕事を明確化しておくことが重要です。

なぜならば、明確化することで方向性が定まり履歴書や面接で説得力のある志望動機を示すことができるからです。この軸が定まっておらず「とりあえず転職したい」という気持ちで転職活動をしていては、内定を得ることがでません。

また、転職先を選んでいる段階で、将来やってみたい仕事を一つだけに絞る必要はありません。幾つかのやりたい仕事を探して、柔軟にそれぞれの説得力の高い志望動機を組み立てていけば良いのです。

2.求人情報をできるだけ多く手に入れる

転職を成功させるには、できるだけ多くの求人情報を手に入れる必要があります。1社だけに絞って転職活動をしても、必ず狙っていた企業から内定を得ることはできません。

たとえば、将来やりたい仕事内容だけでなく、希望する勤務地、転勤が少なく、土日出勤無し、希望する給料の手取り金額などあなたの希望に合った求人情報をできるだけ多く手に入れることが肝心です。

3.履歴書・面接対策はしっかりと準備する

履歴書や面接はあなたを企業へアピールする絶好の機会です。転職先の志望動機を思いつきで記入しては、必ず失敗します。自分の志望動機やキャリアをどのように伝えれば企業側が「この人を採用したい!」と思うのかを意識することが重要です。

新卒時の面接で多くの会社から内定を得た経験があっても、転職の面接では通用しません。第二新卒の転職では、「第二新卒に特化した履歴書・面接の準備」が必須となります。

面接での自己アピールでこれまでの事実を伝えただけでは、あなたの魅力を伝えきることはできません。企業が求めている第二新卒像を考えて話さなければ内定を手に入れることはできないでしょう。

転職活動はあなたの人生を大きく変える重要なポイントです。

人生に大きく影響する転職活動を妥協することは、あなたの人生を妥協していることと同じと言えます。

転職活動において最初の求人情報を集めることは極めて重要です。

なぜならば、あなたの要望に沿った求人情報はそれほど多くないからです。いかにあなたの希望に合った求人情報を集めることができるかが大きな鍵です。

第二新卒の転職は、自分に時間を投資して準備を怠らないことが今後のあなたの人生を左右します

「転職活動はやることが多くて、家に帰ってからやる気が起きない……」とサボりがちになりますが、転職は準備をしてきた時間だけ結果に表れます。

あなたの転職を成功させるために、妥協せずに転職の準備を始めましょう。

Copyright© 転職ハンターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.