転職先の目標

第二新卒の転職は働きながら?それとも退職後? 

更新日:

 第二新卒の転職は働きながら?それとも退職後? 

転職活動について考えた時に、「このまま仕事を続けながら転職活動をすべきか、会社を辞めてから転職活動をすべきか……」と迷ったことはありませんか? 

転職活動を始める前に、誰もがこの問題について悩みます。 

そこで、転職活動を効率よく進めて成功に導く方法をお伝えします。 

「働きながら転職」「退職後に転職」双方のメリットデメリット 

働きながら転職活動を続けることと、退職後に転職活動をすることは、どちらにもメリットとデメリットがあります。 

あなたは、妥協せずにできるだけいい会社に転職したいですよね。 

そこで、あなたにとって働きながら転職活動を進めるべきか、退職後に転職すべきかを判断できるように、それぞれのメリットとデメリットについてお伝えします。 

働きながら転職するメリット 

働きながら転職するメリットとして、以下の4つのメリットがあります。 

・毎月の安定した収入により経済面の心配がない 

・不採用が続いても落ち着いて転職活動ができる 

・転職先を妥協せずに選べる 

・職務経歴書に空白期間が生じるリスクを避けられる 

この4つのメリットは、あなたの転職を成功させるために必要な要素です。 

なぜならば、毎月の収入で生活が安定し、転職活動の期限を設けずに納得がいくまで転職活動ができるからです。また、転職活動で職務経歴書に空白期間があると、企業側にも良い印象を与えません。企業側は「この人の職務経歴書の空白期間がある理由は何だろう……」と疑問を抱いてしまいます。 

たとえば、次の転職先を決めないままで転職活動を行った場合、貯金を切り崩して苦しい状況で転職活動をしなければなりません。このような状態で転職活動を進めてしまうと、転職することが目的となってしまいます。 

そのため、転職できる企業に入社せざるを得ないため、ブラック企業に入社してしまうという不本意な結果に終わってしまいます。 

このように、働きながら転職活動をすることはお金の心配がいらないため、あなたが納得のいくまでじっくりと転職活動を進めることができます。 

働きながら転職するメリット 

先に述べたように、働きながらの転職は安定した収入に支えられているため、納得のいく企業に転職できます。 

しかし、働きながらの転職にもデメリットはあります。それは、転職活動に割ける時間が短くなってしまう点です。 

なぜならば、1日の大半を仕事に費やされてしまい、あなたが転職活動に費やせる時間は仕事が終わった後や、休日に限定されてしまうからです。 

たとえば、9時始業の会社で働いていた場合、起床後の準備や通勤時間で1時間以上必要です。さらに、18時終業だった場合、帰宅から夕食の時間で最低でも1時間ほど必要になります。 

そのため、平日に残業が無いとしでも平日午前8時から19時までは、仕事のために時間を割かれてしまいます。毎日の仕事が10時間ほど占めているため、24時を就寝とした場合、1日のうちで転職活動に4時間しか割けないのです。 

限られた時間の中で企業研究や履歴書、職務経歴書の作成を行うため、働きながら転職活動を行うには毎日の時間管理が必要となります。 

退職後に転職するメリット 

退職後に転職するメリットは、転職活動に集中できることです。 

なぜならば、仕事を辞めているため時間に余裕ができて転職活動に集中できるからです。 

たとえば、退職していれば日中は時間の融通が利くため多くの企業に応募でき、面接の日時の調整も問題ありません。 

そのため、一日で複数の会社の面接を入れることもできるため、転職活動をスムーズに進めることができます。 

退職後に転職するメリット 

退職後の転職活動は、転職活動に集中することができる一方で、以下3つののデメリットがあります。 

・十分な貯金が無い場合、生活費で不安になる 

・長期化するほど余裕を持って転職活動に取り組めなくなる 

・職歴に空白期間ができてしまう 

退職後の転職活動は十分な時間を確保できる一方で、精神的な余裕が無くなります 

なぜならば、金銭的な余裕が無いことにより転職活動が長期化するほど苦しくなるからです。 

たとえば、転職をするために退職を決断すると「自己都合退職」となります。自己都合退職となった場合、失業保険の受給が退職して4ヶ月後からとなってしまいます。 

その上、在職3年未満で退職すると退職金がわずかだったり、退職金が支払われる年数を満たしていないという理由でもらえなかったりします。 

さらに、転職活動期間が長引くほど職務経歴書に空白期間が生まれてしまい、あなたの転職活動が不利になってしまいます。 

退職後の転職は、短期間で集中して行わなければ失敗してしまうので非常にリスクが高いと言えます。 

自分に合う転職方法とは 

これまで、「働きながら転職」と「退職後の転職」のメリットとデメリットについて述べてきました。 

それでは、あなた自身は働きながら転職すべきか、それとも退職してから転職すべきか迷うのではないでしょうか。 

そこで、働きながら転職できる場合と退職後に転職した方が良い場合についてお伝えします。 

働きながら転職活動できる場合 

働きながら転職活動ができる条件として、以下の3つの条件のどれかに当てはまる必要があります。 

・退社時間が18時で土日が休める労働環境 

・平日が休み 

・有給休暇を取得できる環境 

なぜならば、転職の面接は人事が会社にいる時間帯に行われるため、平日の10時から19時の時間帯が最も多いからです。 

たとえば、残業が無く18時に退社できるのであれば、平日の19時開始の面接に対応することができます。平日が休暇の会社に勤めていたり、有給休暇を取得しやすい会社に勤めていたりすれば、同様に平日の面接に対応できます。 

このように、あなたが現在勤めている会社が、平日の時間帯の面接に合わせて柔軟に対応できる環境であれば、働きながら転職活動をすることをオススメします。 

退職後に転職した方が良い場合 

一方で退職後に転職活動を行った方が良い場合がたった一つだけあります。 

それは、以下のような条件です。 

・毎日朝から終電まで働き、休日もほとんど無く有給休暇の取得が難しい環境 

いわゆる「ブラック企業」に勤めている人が、退職後に転職した方が良い場合に当てはまります。 

なぜならば、ブラック企業に勤めていると転職活動のために必要な時間が取れないからです。 

たとえば、毎日終電まで働く上に土日も休めなければ、転職活動に必要な企業研究や履歴書、職務経歴書の準備に時間を割くことができません。その上、有給休暇を取れなければ、平日に行われる面接にさえ参加することができないでしょう。 

退職後の転職は職務経歴書に空白期間を作ってしまうリスクがあります。しかし、ブラック企業に勤めていて転職活動に割ける時間が無いのであれば、退職後の転職活動を検討しましょう。 

転職活動を成功させるには転職エージェントを活用 

第二新卒の転職活動を成功させる上で、「働きながらの転職活動」は限られた時間の中で効率よく転職活動を進める必要があります。一方で「退職後の転職活動」は収入が途絶えるため、できるだけ短期間で納得のいく転職活動を進める必要があります。 

そこで、あなたの代わりに転職活動を進めてくれる「第二新卒に特化した転職エージェント」を活用しましょう。 

転職エージェントのサポートで転職を成功させるには 

第二新卒に特化した転職エージェントに登録すると、以下のようなサービスを受けることができます。 

1.あなたが仕事をしている間に、数万件を超える非公開求人から企業を選べる 

2.履歴書、職務経歴書の添削をサポート 

3.希望する企業の面接対策を行ってもらえる 

4.面接の日程調整を代理で行ってくれる 

5.企業に聞きにくいことを代行で聞き取ってくれる 

6.内定を得るために、面接後に企業へアプローチしてくれる 

7.全て無料で転職者をサポートしてくれる 

このように、転職エージェントはあなたの転職が成功するために、転職活動のサポートを無料で行います。 

なぜならば、転職エージェントは求職者と企業の仲介を行うビジネスで、転職を成功させることで企業から成功報酬を得ているからです。 

そのため、転職エージェントと企業は日頃から採用についての情報交換を行っています。 

たとえば、ある企業で優秀な人材の採用を検討し始めた際に、転職エージェントは企業に対して「どのような人物を求めているか?」について企業へ足を運んで取材を行います。 

このように、転職エージェントは常に採用情報にアンテナを張っているため、あなたよりも早くて多くの求人情報を握っています。 

転職エージェントを上手に活用することが、あなたの転職の成功を左右すると言えるでしょう。 

まとめ 

第二新卒の転職活動は「働きながら転職活動」か「退職後に転職活動」のどちらかに分かれます。あなたの現在の職場環境が、働きながら転職できる環境であれば、働きながら転職することをオススメします。 

収入が途絶えた状態で転職活動をすることは、精神的にとても厳しいのです。 

しかし、転職活動に割く時間がないほど忙しい環境で働いているのであれば、退職後の転職を検討しましょう。職歴に空白が空いてしまうリスクがあり、長期的に転職活動を続けることは難しいので「短期で転職活動を成功させる」意気込みが必要です。 

そして、「働きながらの転職活動」と「退職後の転職活動」のどちらを選んでも、転職活動を効率よく進める必要があります。 

そこで、第二新卒に特化した転職エージェントを活用して、あなたが納得のいく企業に転職しましょう。 

第二新卒の転職エージェント一覧

転職エージェント一覧

-転職先の目標

Copyright© 転職ハンターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.