転職活動の始め方

第二新卒が働きながら転職すべき3つの理由 

更新日:

 第二新卒は働きながら転職すべき3つの理由 

転職を考えた時に「仕事が辛い……会社を辞めてから転職すべきだろうか……」と悩むことがありませんか? 

働きながらの転職活動は、転職活動に当てられる時間も限られて思い通りにならないことが多いと思います。 

しかし、転職市場では会社を辞めてから転職活動をしている人よりも、働きながら転職活動をしている方が企業側からの印象も良く、転職に有利です。 

そこで、第二新卒が働きながら転職活動をすべき理由と、成功方法についてお伝えします。 

働きながら第二新卒が転職するメリット 

第二新卒の転職は会社を辞めてから転職活動を行うと、圧倒的に不利な状況に立たされてしまいます。 

なぜならば、会社を辞めてしまうと以下のような状況に追い込まれてしまうからです。 

・職務経歴に空白の期間ができるため、企業から良い印象を抱かれない 

・会社を辞めたことで毎月の給料が途絶え、経済的に苦しい状況になる 

・転職活動が長引くほど精神的に追い詰められてしまう 

・入りたい会社より、入れる会社を選んでしまうため、ブラック企業に引っかかりやすい 

このように、会社を辞めてから転職活動を行うと非常に危機的な状況に追い詰められます。そのため、第二新卒の転職活動は地に足がついた状態で行うことが望ましいです。 

経済面での心配がない 

働きながら転職活動を行うメリットとして、毎月安定した収入が入ってくることです。 

会社に在籍していると、毎月お給料が口座に振り込まれることが当然と感じるのではないでしょうか。しかし、会社を辞めると毎月あなたの口座に振り込まれていたお給料が、一切無くなってしまいます。 

あなたが現在勤めている会社に不満があり、給料が安くても「毎月安定した収入がある」ということは転職活動でとても重要です。 

たとえば、一人暮らしで会社に勤めている場合、毎月の家賃や光熱費、通信費、食費が必要です。それらを働かずに支払いながら転職活動をするには、数百万の貯金が必要となります。 

しかし、社会人経験が3年未満の第二新卒者で数百万円の貯金をすることは不可能に近いです。 

そのため、毎月のお給料が安く辛い労働環境でも「毎月の収入を踏み台にして転職活動を成功させる」という前向きな気持ちで乗り越えましょう。 

不採用が続いても焦らずに転職活動ができる 

希望した企業に転職成功した時が、転職活動が終わる時期です。そのため、転職がいつ終わるかは人それぞれです。 

片手で数えられる程度の会社に応募して内定を得る人もいれば、数十社応募しても不採用が続く人もいます。 

たとえば、不採用が続けば精神的に辛いものがあります。その反面、毎月安定した収入があれば、不採用が続いても焦らずに転職活動を続けることができます。 

毎月安定した収入を維持しつつ、精神的に安定した状態で転職活動を続けることが、納得のいく転職をする上で欠かせないことです。 

妥協せずに満足のいく転職ができる 

働きながら転職活動を行う3つ目のメリットとして、妥協せずにあなたが満足のいく企業に転職することができます。 

なぜならば、転職活動期間中に望んでいる企業に出会うには、企業が第二新卒の募集をかけたタイミングによるところが大きいからです。 

たとえば、あなたが働きながら転職活動をしている場合、諦めなければ転職活動期間はいつまでも続けることができます 

このように、転職活動期間に余裕があれば、あなたが満足のいく企業を落ち着いて選ぶことができるでしょう。 

職務経歴書に空白期間が生じるリスクを避けられる 

第二新卒の転職では、職務経歴書を必ず提出しなければなりません。職務経歴書には、これまでの仕事の経歴を記入する必要があります。 

会社を辞めてから転職活動をする場合、職歴の欄に空白の期間が生じてしまいます。転職市場では職歴の空白期間は、企業に対して良い印象を与えません 

なぜならば、この職歴の空白期間から「この期間、この人は何をしていたのだろうか?」と疑問を持たれてしまうからです。 

第二新卒の転職で会社を辞めてしまうことは、早期退職と同じ意味を持ちます。たとえば、退職理由がどのような理由でも、面接官から「あなたはなぜ、短期間で会社を辞めてしまったのですか?」という質問をされるでしょう。 

そのため、第二新卒の転職で職務経歴の空白期間を作ってしまうことは、非常にリスクが高いことと言えます。あなたの転職活動を成功させるために、このようなリスクを負わないようにしましょう。 

働きながら第二新卒が転職するデメリット 

これまで、第二新卒が働きながら転職活動をすることのメリットについてお伝えしました。 

一方で、働きながら転職することでデメリットは無いのでしょうか? 

転職に割く時間が限られる 

転職活動は、転職に向けての準備、成功するまでの安定した収入、そして時間が必要です。働きながら転職活動をすることで、転職に費やせる時間が限られてしまうことが唯一のデメリットと言えます。 

働きながら転職活動を行うことで、安定した収入を維持することは非常に大きなメリットです。その反面、1日の大半の時間が仕事に費やされてしまうため、転職活動を行う時間が限られてしまいます。 

たとえば、企業の面接時間帯は平日の10時から19時までが一般的です。内定を得るまでの面接は、2回から3回ほど行われます。面接の時間帯に間に合うことができる仕事であれば問題ありません。しかし、毎日残業が当たり前の環境では、土日に調整してもらうか、有給を取得して面接に臨むしかありません。 

このように、働きながら転職を行うことは精神的、経済的な安定を得られますが、限られた時間で効率よく転職の準備を行う必要があります 

転職エージェントを利用してデメリットを解消する 

働きながら第二新卒として転職活動を行うことは、多くのメリットがあります。しかし、転職活動には企業研究から面接対策、書類審査で通過できるレベルの履歴書、職務経歴書の作成する時間が必要になります。 

そこで、転職エージェントに登録することで、転職活動で面倒なことをエージェントが無料でサポートしてくれます 

効率よく仕事を探してもらえる 

転職エージェントを活用することで、あなたの希望する企業を非公開の求人から探し出してもらえます。 

なぜならば、企業側は優秀な社員が欲しいと考えているため、転職エージェントのフィルターを通して優秀な社員を獲得したいからです。 

たとえば、企業側が欲しい人材を転職エージェントに伝えます。転職エージェントは企業と転職者をマッチングさせる仕事のため、企業側の要求している人物像とあなたの人物像が合えば、あなたにその企業の求人を紹介します。 

あなただけで転職先の企業を探すには、企業の数も探す時間も限界があります。普段から企業と転職者のマッチングを行っている転職エージェントであれば、あなたが仕事をしている間に要望に合った企業を見つけ出してくれます 

転職成功まで全面的にサポート 

転職エージェントは、あなたの転職が成功するまで全面的にサポートしてくれます。 

なぜならば、転職エージェントは転職者を企業に紹介したことによる成功報酬で利益を得ているからです。そのため、転職者が内定を得るまで全面的にサポートします。 

たとえば、転職エージェントがあなたと企業の間に入って、面接の日程の調整やセッティングを代行してくれます 

これにより、面倒な調整事から解放されて転職活動の負担が軽くなります。 

まとめ 

第二新卒の転職活動は働きながら行う事で以下のようなメリットがあり、リスクを避けて志望する企業に入る事ができます。 

・経済面の心配がいらない 

・不採用が続いても焦らずに転職活動を続けられる 

・妥協せずに満足のいく転職活動ができる 

・職務経歴書に空白期間ができるリスクを避けられる 

しかし、働きながら転職活動をするには時間が足りない事も事実です。 

そこで、転職エージェントを活用することをオススメします。転職エージェントを利用することで以下のようなサービスを受けることができます。 

1.全て無料でサービスを受けることができる 

2.履歴書、職務経歴書の添削をしてもらえる 

3.面接対策を行ってもらえる 

4.数万件を超える非公開求人から企業を選べる 

5.面接の日程調整を代理で行ってもらえる 

6.企業に聞きにくいことをエージェントが代行して聞き取ってくれる 

7.内定を得るために、面接後に企業へアプローチしてくれる 

8.複数の転職エージェントに登録することで、成功率が上がる 

第二新卒の転職は「人生ではじめての転職」という人がほとんどです。転職活動の全てを働きながら一人でこなすには限界があります 

そこで、第二新卒に特化した転職エージェントを積極的に活用することで、あなたの転職はスムーズに成功します。 

第二新卒の転職エージェント一覧

転職エージェント一覧

-転職活動の始め方

Copyright© 転職ハンターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.