転職先の目標

第二新卒の転職が辛いと感じた時の対処法 

更新日:

第二新卒の転職が辛いと感じた時の対処法

「第二新卒の転職活動がうまくいかなくて辛い……」 「転職活動を続けていくことが辛くなってきた……」書類審査や面接がうまくいかないと、弱気になってしまいませんか? 

「第二新卒の転職が辛い」と思う原因は主に4つあります。 

 社会人経験が短いため自信がなくて辛い 

 親族や同級生の周りの目が気になって辛い 

 将来を考えると辛い 

 転職活動が長引いて辛い 

これらが、あなたを精神的に追い詰めている原因となっています。 

今回は、第二新卒の転職活動が精神的に辛い時に乗り越える方法について紹介します。 

第二新卒の転職が辛い原因と対策 

第二新卒として転職活動が辛いと感じることはよくあります。 

第二新卒は社会に出て3年未満の若い社会人です。仕事で多くのトラブルを経験してきた社会人と比べれば、精神面でもまだまだ未熟です。 

そこで、第二新卒の転職が辛いと思う4つの原因と対処法についてお話しします。 

早期離職するので辛い時の対策 

第二新卒で転職活動をしていると「すぐに会社を辞めて長続きしない人」と思われてしまいます。しかし、きちんとした理由を準備しておくことをオススメします。 

なぜならば、第二新卒の面接では「早期に離職した理由」「第二新卒として転職する理由」の2点について必ず質問されるからです。 

これらの質問に対してきちんと回答を準備しておく必要があります。たとえば、以下のような答え方があります。 

早期で転職することは、お世話になった会社に対して申し訳なく思っています。 

しかし、在職時から御社の◯◯事業部の仕事に興味があり、できるだけ若いうちから御社に貢献したいという思いがあるため転職を決意しました。 

このように、早期で離職することについて「お世話になった会社に対して申し訳ない」と素直に認めることが社会人として大事です。そして、志望する企業に対して前向きに貢献したいという熱い思いをセットで伝えましょう。 

周囲の目が気になって辛い時の対策 

新卒で入社して数年も経たずに転職した場合、親族や同級生の目が気になってしまうのではないでしょうか。家族や恋人、一緒に就職活動で励ましあった同級生のことを考えると、早期で転職活動をしていることが辛く感じてしまいますよね。しかし、「転職したい」というあなたの気持ちを優先しましょう。 

なぜならば、家族や恋人、同級生の友人はあなたを助けてくれるかもしれませんが、あなたの人生に責任を請け負うことまではできないからです。 

社会人として働いている以上、あなたのキャリアの責任はあなた自身にあります。たとえば、誰かのアドバイスで行動を起こして失敗したとしても。行動したあなたに責任があります。 

そのため、「第二新卒として転職をする」と決めたのであれば、あなたの気持ちを大切にして転職活動に取り組みましょう。 

今後のことが不安で辛い時の対策 

第二新卒の転職では「今後のことについてアレコレ考えると辛くなる……」と落ち込んでしまいがちになります。会社で順調に出世して、安定した生活を送ることが目標の場合、第二新卒の転職は不安になってしまいます。 

しかし、転職市場では年齢の若さは有利に働きます。 

なぜならば、会社の将来を担う若手社員を補充するために第二新卒の求人をかけるからです。 

たとえば、新卒採用で予定採用人数を下回った企業は、「会社の将来のために、できるだけ多くの若くて優秀な社員が欲しい」という思いで第二新卒の募集をかけます。 

このように、転職市場で第二新卒は「若さと言う武器」があるため、売り手市場なのです。転職活動で今後のことを考えると辛いと思うことがありますが、第二新卒は転職しやすい年齢です。そのため、先のことを考えて不安になるよりも前向きに行動しましょう。 

転職活動が長引いていて辛い時の対策 

面接や書類選考で何社も落ちて、転職活動が長期化してしまうと「このまま転職できないで辛い状況が続いてしまうのだろうか……」と不安な状況に追い込まれてしまいます。 

第二新卒は比較的転職しやすい環境です。そのため2ヶ月から3ヶ月で内定を得ることができます。 

そのような中で第二新卒の転職がうまくいかずに、辛くなった時は第二新卒の転職に詳しい転職エージェントの力を借りましょう。 

なぜならば、第二新卒の転職に詳しい転職エージェントであれば、成功してきた経験からあなたに的確なアドバイスを伝えることができるからです。 

たとえば、第二新卒の履歴書や職務経歴書の書き方や、面接での質疑回答を過去の経験から指導してくれます。 

第二新卒の転職が長引いて、あなただけの力ではどうしようもならないと感じた時は、一人で抱え込まずに転職エージェントの力を借りましょう。 

第二新卒の転職を成功に導くには? 

転職活動がうまく行かず、「これ以上転職活動を続けてもうまく行かないだろう……このまま、今の仕事を続けていくしかない」とあきらめてはいけません。 

転職市場は若いほど有利です。「またいつか転職できればいい」と先延ばしにしていては転職するチャンスを逃してしまいます。 

それでは、転職活動を成功に導くためにはどうすれば良いでしょうか。 

あなたの転職を成功に導くためには、転職を成功に導いてきた人の力を借りましょう。 

一人で抱え込まないで転職エージェントを活用 

一人の力で転職活動をするには限界があります。そのため、転職エージェントの活用をオススメします。 

なぜならば、転續エージェントは多くの転職者と企業をマッチングさせて、転職を成功に導いてきた実績があるからです。 

たとえば、あなたが転職を希望している企業について、転職エージェントであれば過去にその企業から内定を得た人の成功体験から、傾向と対策を指導してくれます。また、書類選考で通過する書き方や、面接の指導を無料で受けることができます。 

このように、たった一人で転職活動が辛いと感じたら、転職エージェントの力を借りましょう。 

まとめ 

「転職活動がうまく行かなくて辛い……」と思って今の会社のままでいることは簡単です。しかし、あなたが「転職したい!」と思って行動に出たことは意味があります。 

転職活動が辛いと感じたのであれば、まずはどのような原因で辛い状況なのか明確にしましょう。転職市場で「若さ」はとても有利な状況です。そのため、先延ばしにするほど転職できる可能性が低くなってしまいます。 

第二新卒の転職はあきらめないことが肝心です。 

もし、あなたが一人で転職活動の辛さを抱えきれない時は、第二新卒に特化した転職エージェントの力を借りましょう。 

第二新卒の転職エージェント一覧

転職エージェント一覧

-転職先の目標

Copyright© 転職ハンターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.