転職活動の始め方

第二新卒が大手企業への転職は無理?大手企業が求めている人材の3つの特徴

更新日:

第二新卒が大手企業への転職は無理?大手企業が求めている人材の3つの特徴

「第二新卒で大手企業に転職して収入を安定させたい!学歴に自信がないけれど大丈夫かな…」 

「今の中小企業から大手企業に転職できるの?」 

このように、大手企業への転職ができるか不安になっている人も多くいます。 

第二新卒で大手企業に転職するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。そのため、誰でも簡単に大手企業に転職できるわけではありません 

大手企業に転職したいけれど、自信がなくて悩んでいる人に向けて、大手企業に求められる人材の特徴を説明します。 

第二新卒が大手企業への転職が厳しい理由

第二新卒が大手企業に転職するのは、大手企業の仕組みによる問題のため厳しい状況にあります。 

その理由として、以下の2点が挙げられます。 

1.大手企業では新卒採用が十分足りている 

2.第二新卒の転職は学歴の高さが評価される 

それでは、それぞれの理由について解説します。 

大手企業では新卒採用が充実している

大手企業では、採用予定人数を新卒採用で十分に補えているため第二新卒の採用を考えていない場合があります。 

毎年、多くの学生が応募するため、若手社員が辞めても次の新卒で補うことができます。 

このような中でも、第二新卒の需要が高まっている大手企業があります。 

たとえば、大手企業でも新卒の採用予定人数を達成できていないため、第二新卒で若手社員を補充しようと考えています。 

中途社員の採用でも「若手人材を確保したい」と考えている大手企業では第二新卒を積極的に採用しています。 

第二新卒の転職は学歴の高さが評価される

大手企業に第二新卒で転職する際は、新卒と同様に学歴の高さも評価範囲に含まれます。 

なぜならば、大手企業は第二新卒の応募者が集中しており、全員と面接することが難しいからです。 

たとえば、第二新卒は社会人経験が数年程度のため、書類選考の段階で実績にそれほど差がありません。そのため、次の面接段階に進めるために学歴で判断することもあります。 

大手企業に第二新卒として転職する際に、学歴の高さはメリットがあります。 

学歴に自信がない場合は、学歴以外で大手企業にアピールできるものを準備しておきましょう。 

第二新卒が大手企業へ転職できる可能性

第二新卒で大手企業に転職できる可能性が高まる要素として、以下の2点があります。 

1.人員不足で、採用されやすい部署がある 

2.大手企業の子会社は採用基準が甘い傾向にある 

それぞれの可能性について説明します。 

大手企業には採用されやすい部署がある

大手企業で採用されやすい部署として、人材が足りていない場合があります。 

人手不足で悩んでいる部署では、第二新卒が採用される可能性が高まります。 

新規案件で新たに部署を作ったものの、人材が足りていない問題に直面します。第二新卒は中途採用者のため、配属部署をあらかじめ決めた状態で採用しています。 

たとえば、営業職で新規拠点を立ち上げて営業活動をする際に、新卒では教育に時間がかかります。一方で、第二新卒であれば基本的なビジネスマナーを身につけているため、教育の時間をかけずに現場で仕事をすることができます。 

これまでの職場で実績がなく、学歴に自信がなくても、若手を必要としている部署があれば内定を獲得することができます。 

大手企業の子会社も狙い目

世間で意外と知られていない大手企業の子会社も狙い目です。 

知名度は高くありませんが、大手企業と比べて子会社の方が採用基準が甘い場合もあります。 

子会社ということに抵抗がなければ、大手企業と同じくらいの福利厚生を受けることができます。 

また、大手企業の会社名を一部取り入れている子会社もあるため、それなりの知名度もあります。 

大手企業が求める第二新卒の3つの特徴

大手企業が第二新卒に求めている特徴が3つあります。 

1.一定の学歴 

2.既存社員と比べて同じ程度の能力があるか 

3.社風に馴染める人材かどうか 

第二新卒は職務経験が短いため、実務面は重視されません。 

社会人としての基本的なマナーが重要ですが、大手企業に転職するためには先に述べた3つの特徴のどれかが加わっていると良いでしょう。 

大手企業が第二新卒に求めている3つの特徴について説明します。 

一定の学歴

新卒時と同様に、第二新卒でも学歴が求められます。 

なぜならば、学校の勉強で頑張って成果を出してきたということは、仕事においても成果を出すことができると期待できるからです。 

しかし、学歴はこれまであなたが頑張ってきた目安なので、学歴だけをアピールすることはやめましょう。 

履歴書に学歴を記入するだけに留めておき、面接で学歴のことを質問された際に答える程度で十分です。 

学歴を前面にアピールするよりも、あなたが転職先の会社でどのように貢献できるかを考えておきましょう。 

既存社員と比べて同じ程度の能力があるか

転職の現場ではよくあることですが、転職者と在籍している社員を比較して同じ程度の実力かどうか求められます。 

企業の業務内容によって様々ですが、業種や職種が変わっても通用する能力があなた自身に備わっているか確認しておきましょう。 

厚生労働省で提唱されている「ポータブルスキル」を参考にすると良いでしょう。 

ポータブルスキル

引用元:厚生労働省「ポータブルスキル活用研修」より

ポータブルスキルには、主に以下のことが記載されています。 

A仕事のしかた 

 A-1課題を明らかにする 

 A-2計画を立てる 

 A-3実行する 

B人との関わり方 

 B-1社内対応(上司、経営層) 

 B-2社外対応(顧客、パートナー企業) 

 B-3部下マネジメント(評価、指導) 

業務内容よりも、周囲の人とどのように関わって業務を進めていくかが求められています。 

あなた自身の仕事の様子を振り返って、既存社員と比べて同じ程度なのか客観的に判断しましょう。 

社風に馴染める人材かどうか

ほとんどの企業には経営理念があります。大手企業にも経営理念を掲げており、企業文化として深く浸透しています。 

この企業文化に馴染めないと会社に馴染むことができません。 

転職者が転職活動で知らなかった代表的な情報に、以下の4つがあります。 

1.職場の風土や慣行 

2.職場長、同僚の特徴 

3.将来のキャリア 

4.職場での役割 

これらの情報は、企業ホームページに記載されていることもありますが、インターネットだけでは捉えにくい特徴です。 

この4つの情報を知らなかったために、転職後に戸惑う代表的なものとして職場の習わしがあります。 

大手企業の文化をあらかじめ知っていれば、入社後に戸惑うことはありません。 

大手企業の社風を知るには、大手企業の社風を知っている転職エージェントを利用しましょう。 

転職エージェントは多くの転職者を転職させてきた実績があり、転職者と大手企業の間に立っています。そのため、大手企業に知り合いがいなかったとしても、転職エージェントを仲介してリアルな情報を手に入れることができます 

大手企業に転職する2つのパターン

第二新卒で大手企業に転職する際、2つのパターンがあります 

1.大手企業から大手企業に転職する 

2.中小企業から大手企業に転職する 

先に述べた2つのパターンで大手企業の採用担当者に与える影響が異なります。 

それぞれの転職パターンについて解説します。 

大手企業から大手企業に転職

大手企業から大手企業に転職する場合、採用担当者に魅力的に映る可能性があります。 

なぜならば、新卒で大手企業に就職できた経験があるからです。 

たとえば、大手企業で身につけたことが転職先の大手企業でも同様に通じることがあります。 

大手企業経験者は、採用担当者に「大手企業のノウハウを知っていれば、当社にもすぐに馴染んでくれるだろう」という印象を与えることができます。 

しかし、大手に入社していたからといって早期退職をしたことに変わりはありません。 

そのため、採用担当者を納得させることができる退職理由を準備して、なぜその大手企業に入りたいのかという転職理由を明確にしておきましょう。 

中小企業から大手企業に転職

大規模な案件に関わった経験がないから、中小企業から大手企業への転職は不利かもしれない」と思う人は多いのではないでしょうか。 

しかし、中小企業から大手企業への転職は不利になるということはありません。 

なぜならば、中小企業では社員が大手企業のように多くいないため、ひとりの社員がこなす業務範囲が広いからです。 

新卒1年目から中小企業で広い範囲の仕事をこなしてきた経験は、大手企業の転職でアピールできるポイントです。 

たとえば、新卒時にひとりで案件の発注から協力会社への金額交渉まで行っていれば大手企業で十分に活躍できます。 

「中小企業では大手企業のような有名な案件に関われないから、スキルが身につかない」という考え方はやめておきましょう。 

転職エージェントを利用すれば、中小企業で積み重ねてきた経験をどのようにアピールすれば良いか丁寧に指導してくれます。 

大手企業に転職するベストな時期

第二新卒が大手企業に入社するベストな時期は4月10月です。 

なぜならば、1月から3月7月から9月は求人広告が増える時期だからです。 

この時期に組織の入れ替えや、ボーナスをもらって退職する人が増えるため、足りない人材を補う目的で求人広告が出されます。 

転職活動期間の目安として3ヶ月間ほど必要です。 

1月_3月転職スケジュール

7月_10月転職スケジュール

3ヶ月で転職

入社を希望する月から逆算して、3ヶ月前から転職活動を始めましょう。 

まずはじめに転職先の情報を集めて、志望動機を固めていきましょう。3ヶ月前にやることは主に以下の3点です。 

志望動機を固める 

退職理由をまとめる 

履歴書、職務経歴書の作成 

入社2ヶ月前は面接と各社への応募が重なる時期なので、スケジュール管理が必要です。可能ならば面接は業務終了後の時間帯で調整するか、土日に集中させましょう。この時期は、外出したり家で書類を作成したりと忙しい時期です。 

転職エージェントを利用すると、あなたの代わりに面接日を調整してくれます。 

履歴書、職務経歴書の作成 

面接 

スケジュール管理 

面接の回数は1回から3回ほどで、1回の面接につき1週間以内で合否の判定が出ます。 

面接の回数や状況によっては1ヶ月以上かかることもあると考えておくと良いでしょう。 

この時期が転職活動で最も大変な時期です。転職エージェントを活用することで、以下のサポートを受けることができます。 

履歴書の書き方 

職務経歴書の書き方 

自己PRのポイント 

面接対策 

面接日の調整 

面接後のアフターフォロー 

はじめての転職で、転職活動に不安を感じているのであれば転職エージェントを活用することをおすすめします。 

大手企業に転職するために転職エージェントを利用

大手企業に転職を希望しているのであれば、事前対策として転職エージェントの活用が効果的です。 

なぜならば、転職エージェントであれば過去に多くの転職者を成功に導いてきた経験をもとに、あなたをサポートすることができるからです。 

たとえば、大手企業への転職に必要な以下の準備をサポートしてくれます。 

履歴書、職務経歴書の書き方 

面接対策 

転職エージェントは非公開の大手企業の求人を抱えている

大手企業は転職サイトのように、多くの人の目に触れる求人媒体への掲載を嫌います。 

なぜならば、毎年多くの新卒採用に時間が必要なため、転職者の採用にそれほど多くの時間をとることができないからです。 

大手企業側には「できるだけ、時間をかけずに効率よく良い人材を採用したい」という思いがあります。 

そこで、大手企業は転職エージェントを利用して効率よく優秀な人材と面接をするようになりました。 

そのため、非公開求人として転職エージェントだけに求人依頼をしています。これにより、転職エージェントに多くの大手企業の求人が集まっているというわけです。 

まとめ

第二新卒として大手企業に転職するためのポイントについて紹介しました。 

大手企業が第二新卒に求める特徴として以下の3点です。 

一定の学歴 

既存社員と比べて同じ程度の能力があるか 

社風に馴染める人材かどうか 

大手企業に転職したいのならば、転職エージェントのサポートが必要です。無料で以下のサポートを受けることができます。 

優良な企業選び   

履歴書の書き方   

職務経歴書の書き方   

会社に響く自己PR   

面接対策   

転職成功者の体験談 

あなたの希望をかなえるために、最初の一歩を踏み出していきましょう 

第二新卒の転職エージェント一覧

転職エージェント一覧

-転職活動の始め方

Copyright© 転職ハンターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.