転職活動の始め方

仕事が続かない20代……仕事を長続きさせる方法

更新日:

仕事が続かない20代……仕事を長続きさせる方法

新卒で入った会社をあっさりと辞めてしまう20代は多くいます。

「せっかく入社したのに、どうして仕事が続かないのだろう……」

このように、仕事を続けることができなくて悩んでしまうことがあります。

「仕事が続かないけれど、どうすれば良いのだろう……」と悩んでいる20代に向けて状況を改善する方法を解説します。

仕事が続かない20代の特徴

仕事が続かない20代には、以下のような特徴があります。

1.仕事が楽しくない

2.仕事関係者で嫌っている人がいる

3.目的がない

それぞれの特徴について説明していきます。これらの特徴に当てはまっていないか注意してください。

仕事が楽しくない

仕事が続かない20代には、仕事が楽しくないと感じている傾向があります。

なぜならば、仕事が楽しいと感じていれば「仕事を辞めよう」と考えないからです。

この「仕事が楽しくない」と感じてしまうことに問題があります。

たとえば、自分と相性の良い仕事をしていれば、仕事のどこかで「楽しい」と感じるタイミングがあります。あなたの仕事が誰かに感謝されたり、誰かに必要とされたりすれば充実感を得られて楽しいと感じます。

仕事を通してそのような経験がなく、「仕事を辞めたい」というならば、あなたと仕事の相性が悪いと言えるでしょう。

仕事関係者で嫌っている人がいる 

仕事内容に問題はなくても、上司や同僚、取引先などの仕事で関わる人に対して、嫌いと感じて仕事を辞めてしまう人がいます。

仕事が続かない原因が仕事関係者の場合、以下2つの問題が考えられます。

1.職場にパワハラやモラハラが蔓延している

2.あなた自身に人間関係を築いていく能力が低い

職場にパワハラやモラハラが蔓延している

職場にパワハラやモラハラが蔓延している場合、会社の社風に原因があります。

パワハラやモラハラで危害を加えてくる人に対して、嫌いな感情があっても仕方がありません。パワハラやモラハラがあっても黙認している社風ならば、すぐに転職することをおすすめします。

あなた自身に人間関係を築いていく能力が低い 

一方、些細な指摘で「あの人が嫌い」と考えてしまう傾向があれば、あなた自身に問題があります。

人に対して嫌いな感情があると、嫌いな人に対して失礼な態度をとることがあります。

相手側があなたの成長を想って指摘したことでも、「嫌い」な感情を見せるようであれば、精神面が子供のままだといえます。

仕事で関わる人に対して、あなたがどのような態度をとっているか冷静に振り返ることが重要です。

目標がない

明確な目標がなく、ぼんやりと過ごしていると仕事が続かない原因となります。

なぜならば、目標がない状態で仕事に不満があれば辞めてしまうからです。

そのため、小さくてもあなたの人生や仕事を通して達成したい目標を定める必要があります。

たとえば、人生の目標として「結婚して家庭を築きたい」や、仕事では「管理職を目指したい」などがあります。それぞれの目標がありますが、あなたが何を実現したいかという視点で目標を定めていきましょう。

目標が定まっていれば、すぐに辞めてしまうこともなく仕事を続けていくことができます。

仕事が続かない原因は仕事内容に問題がある

これまで仕事が続かない特徴について述べてきました。仕事が続かない原因を掘り下げていくと、仕事自体に問題があることがわかります。

仕事と働く人には相性があります。あなたにとって「仕事を続けていけない」と感じていても、他の同僚は仕事に不満がないということもあります。

人それぞれの捉え方が異なるように、仕事と働く人が合致する条件は様々です。

世の中に数多く存在している仕事から、あなたが働きやすいと感じる仕事を見つけるこtが重要です。

適性が合えば仕事は続けられる

仕事と働く人の適性がぴったりと合っていて、やりがいを感じられる状況であれば、仕事は長続きします。

なぜならば、仕事と自分の能力の相性が良く、給与に反映されていれば仕事を辞めたいと考えることがないからです。

一方で、仕事の適性が合っていなければ、些細なことで不満が溜まってきます。

たとえば、毎日残業でやりがいを感じられない仕事をしていると「働くことが辛い」と感じてしまいます。

また、適性の合っていない仕事でストレスが溜まっていると、職場の人間関係に問題があると「辞めてしまいたい」と考えてしまいます。

仕事とあなたの適性が合っているか冷静に判断してみることをおすすめします。

もう一度自分の適性を掘り下げてみる

仕事を辞めたいと思うことがないように、自分の適性に合った仕事を見つけるために「自分の適性」をじっくりと考える必要があります。

自分の適性についてあなた一人だけで考えずに、客観的にあなたを見ることができる人物を交えると良いでしょう。

なぜならば、客観的にみてもらう事で、あなたがこれまで意識してこなかった適性に気がつくことができるからです。

たとえば、第三者の視点を交えることで、あなたがこれまで考えもしなかった職種が選択肢に挙がってきます。

これまで様々な職種をまとめていく総合職で仕事をしてきたけれど、実は専門的に一つの仕事を追求していくことが合っていることもあります。

客観的にあなたの適性を見極めてくれる人として、職場の同僚や友人が最も身近ですが、職種を選ぶ視野の広さに差があります。

そのため、あなたの適性と職種を客観的に見極めてくれる人物として、転職エージェントを利用することをおすすめします。

適性が合っていれば、仕事を辞めようと考えない

先に述べたとおり、仕事の適性が合っていれば仕事を辞めたいと考えることはありません。

「仕事が楽しい」と感じることができれば、仕事を続けることができるはずです。

そこで、仕事との適性を模索していきましょう。

人付き合いが苦手な人におすすめな仕事

営業や接客など人とのコミュニケーションが必要な仕事に苦痛を感じるのであれば、人との関わりが薄い仕事を選びましょう。

たとえば、人との関わりが薄い仕事としては以下のものがあります。

ビル管理

工場作業員

トラック運転手

WEBデザイナー

システムエンジニア

プログラマー

外国語、日本語の翻訳

データ入力

イラストレーター

これらはチームで仕事をする機会はほとんど無いため、ひとりで黙々とできる仕事ばかりです。

「人付き合いが苦手……」と感じているならば、ひとりでも成り立つ仕事を探してみましょう。

情報処理が苦手な人におすすめな仕事

多くの会社と協力しながら案件を進める仕事は、情報処理能力が求められます。

たとえば、ゼネコンのような仕事の上流から下流まで全てを請け負う会社で働いていると、多くの下請け業者へ作業を発注しながら進めます。

数十社の下請け業社に発注するだけでなく、工程管理や予算管理も行うため、施工状況と照らし合わせて進めなければなりません。

このように高度な能力を求められる仕事は責任が重いため、不安に感じるのであれば単純作業の仕事に就くことをおすすめします。

工場勤務

倉庫内軽作業

清掃員

警備員

データ入力

自分の能力以上のことを求められることはなく、慣れてしまえばストレスもなく仕事ができます。

行動力が高い人におすすめな仕事

デスクワークや職人的な技術が求められる仕事よりも、会社の外を飛び回ることが好きな人は営業職をおすすめします。

営業職には様々な種類があり、以下のようなものが挙げられます。

メーカー営業

代理店営業

商社営業

新規開拓営業

ルート営業

反響営業

また、営業をかける相手によって種類が変わってきます。

企業に営業をかける場合は、法人営業と呼ばれます。会社運営に必要なシステムや商品を担当者や社長に紹介していきます。扱う金額も大きいため、利益も大きくなります。

一方、一般家庭に営業をかける個人営業があります。家を訪問する保険営業やリフォーム営業などが個人営業に該当します。

営業職には様々な種類があり、会社に向けて営業をするか、個人に向けて営業をするかによって仕事内容が変わります。

会社の外をアクティブに飛び回りたい人は、営業の種類と対象を見極めてどれが適しているかじっくりと考えましょう。

仕事が続かないのは、逃げやすい環境が原因?

「仕事が続かない」と感じてしまう原因として、逃げやすい環境が整っている事が原因ではないでしょうか。

仕事から逃げやすい環境があると、「逃げればいいや」という考えも無くなり、一つの仕事を続けていくことができます。

実家を出て一人暮らしをしてみる

20代で仕事が続かない人の多くは、実家から通勤しています。

実家から通勤していれば、家賃や光熱費を払う必要がないため、お金に余裕があり住むところが無くなるリスクがありません。

最低限の生活が保証されていれば、「仕事を辞めても大丈夫」と思ってしまいます。

実家を出て一人暮らしをして独立すれば、仕事を辞めるリスクを実感できるため、嫌でも仕事を続けていくことができます。

親からの援助を断つ

仕事が続かない20代の特徴として、「仕事を辞めても親に助けてもらおう」と考えている人が多くいます。そのような甘い考えでは、仕事を辞めやすい環境になってしまいます。

なぜならば、親の援助に頼っていると「何かあったら仕事をいつでも辞められる」と思い、仕事を辞めるクセがついてしまうからです。

そのため、親の援助という逃げ場をなくすために援助を絶って自立する気持ちでいることが重要です。

仕事が続かない20代は会社の現実を知るべき

仕事が続かない原因に、仕事内容や適性、環境などを挙げてきましたが、考え方にも原因があります。

すぐに変えることは難しいのですが、会社の現実を知っておくことが重要です。

楽しいだけの仕事はない

どのような仕事でも楽しいだけの仕事はありません。

なぜならば、仕事で我慢しなければならないことが多いからです。

それは、どのような職業でも同じです。たとえば、夢を実現させている芸能人でもプライベートの時間がなかったり、やりたくない仕事もやらなければならなかったりします。

やりたい仕事を実現させたとしても、ストレスは必ずついて回ります。このように「仕事は楽しいだけではない」と認識を改めなければ、仕事を続けていくことは厳しでしょう。

理想的な上司や同僚はいない

上司や同僚との人間関係が悪化して、仕事を辞める人が多くいます。

「上司に恵まれていない」と不満を口にする人も多くいますが、上司にあなたの理想を押し付けるのは間違っています

なぜならば、どのようなタイプの上司でもうまく仕事ができることが重要だからです。

たとえば、今の職場で上司や同僚とうまく関係を築いていく姿勢がなければ、転職したとしても同じ事で悩むことになります。

良好な人間関係を築いていく際に、他人に期待していてもあなたの状況は何も変わりません。

理想の上司に縛られず、どのような人に対してもうまく仕事ができるように行動しましょう。

自分を社会に適応させていく

「仕事が続かない」と悩んでいるのであれば、あなた自身から社会に適応していくしかありません。

なぜならば、社会の方からあなたに合わせてくることはないからです。

家族や友人、同期にどれほど不満を言っても、その場のストレスが発散されるだけで意味はありません。

「自分は仕事で辛い状況なんだ」と不満を口にする暇があったら、「どうすればこの問題が解決できるか」を考えた方が建設的です。

逃げグセを直せるのは若いうちだけ

逃げグセを直す事ができるのは、20代の若いうちだけです。

逃げグセを直さずにいると、何か問題が起きるたびに逃げることになります。

そのまま年齢を重ねると、仕事を続けていくことも難しくなる上に、生活を続けていくこともできません。

若いうちに逃げグセをなくすようにすれば、後々の人生で問題が起きても適切に対応できます。

計画的に転職する

仕事が嫌で逃げるということは、周囲の人に迷惑をかける上に、あなたの印象も悪くなります。

しかし、ブラック企業に務めていたり、上司のパワハラが続いたりなど、あなたの力でどうしようもないほどの状況であれば、逃げるしかありません。

そこで、状況を改善するために計画的に転職活動を進めて、今の辛い状況から逃げることをおすすめします。

計画的に転職する方法

計画的に転職を進めるには、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに登録すると、以下のようなサービスを無料で受ける事ができます。

履歴書の書き方

職務経歴書の書き方

自己PRのポイント

面接対策

面接日の調整

面接後のアフターフォロー

あなたが仕事中でも、転職活動を進めてくれるため、働きながら転職活動を進める事ができます。

転職先の会社で仕事を長く続けていくために、あなたがなぜ今の仕事が続かないと思ったのか振り返っておきましょう。仕事が続かなかった原因がわかっていれば、そのような事が起こらない会社を選べばいいだけです。

状況を変えるために転職することは、逃げたと思われるかもしれませんが、効率的な対応です。

まとめ

「仕事が続かない……」と悩んでいる20代に向けて。仕事を長続きさせる方法を紹介しました。

仕事が続かない原因には、仕事の人間関係や、会社の社風など様々な問題が絡んでいます。

あなたが仕事が続かないと思った原因を掘り下げて、対策をしていきましょう。

あなたの考え方を変えれば、状況が改善されるものは積極的に変えていきましょう。

会社の環境や、上司のパワハラ体質などあなたの力で変える事ができないものについては、逃げるために計画的な転職を始めましょう。

転職エージェントは、あなたが働いている間も計画的に進めてくれるので、会社にバレる事なく転職を成功させる事ができます。

仕事が続かない原因と向き合って、あなたの将来がより良いものになるように行動していきましょう。

第二新卒の転職エージェント一覧

転職エージェント一覧

-転職活動の始め方

Copyright© 転職ハンターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.