転職活動の始め方

第二新卒の転職は難しい?失敗しないための3つのポイント

更新日:

第二新卒の転職は難しい?失敗しないための3つのポイント

新卒で入社した会社が、「残業が多くて土日も休めない!」「給料が少なくて将来が不安……」と思って、転職について悩んでいませんか? 

せっかく入社した会社ですから、誰もが長く働きたいと思うでしょう。しかし、入社前に抱いていたイメージと違って、実は過酷な職場だったということはよくあります。 

たとえば、ブラック企業によくある特徴の一つとして、毎月の退職者が多く、働き盛りの30代から40代の社員数が少ないことが挙げられます。 

このような特徴を持った会社は、転職市場で有利な20代のうちに転職する動きがあるからです。中でも入社3年未満の第二新卒枠の採用は、多くの企業が積極的な姿勢です。 

そこで、「第二新卒の転職は難しいかもしれない」と考えているあなたに、第二新卒の転職で失敗しないためのポイントについてお伝えします。 

第二新卒の採用事情 

第二新卒とは、学校を卒業して新卒として就職し、1年から3年以内の若手求職者を指しています。 

「せっかく入社した会社なのに、なぜ転職活動をしているのだろうか?」と思われますが、それには理由があります。 

人それぞれの事情もありますが、大きく以下のようなものが転職理由として挙げられます。 

・新卒時の就職活動で、希望していた企業に就職できなかったため再び挑戦したいと考えている 

・就職した後に自分が本当にやりたい職種や、挑戦したい業界があった 

・入社時に聞いていた時の情報と違い、新卒として入社した会社がブラック企業だった 

主に、このようなことが原因で若いうちの転職活動を決意する傾向があります。 

そして、このような第二新卒者の採用に積極的な企業も数多くあります。 

第二新卒の転職の現状 

第二新卒は新卒から3年程度の社会人経験で経験が浅すぎるため、転職が難しいのではないかと思う人も多いかと思います。 

しかし、第二新卒のように経験が浅くても積極的に採用活動を行っている企業もあります。 

なぜならば、少子化により日本の労働人口は現象し続けているため、若手の人材を採用して成長させることが、企業を成長させる上で必要不可欠だからです 

たとえば、急成長を遂げている企業では新卒の人材を採用しても追いつかず、若手社員を必要としています。また、大手企業ではイメージ先行で就職する学生が多く、退職者が一定数出てしまっています。このような企業は、第二新卒向けの転職エージェントを利用して、良い人材がいないか常に探しています。 

このように、第二新卒者の経験値が浅くても、若手社員を求めている企業とあなた自身がマッチングすることで転職を実現させています。 

第二新卒の人材価値 

転職を成功させる上で、自分自身の市場価値を知っておく必要があります。第二新卒の市場価値については主に以下の3点が挙げられます。 

1.新卒と変わらない若さ 

2.将来の可能性がある 

3.柔軟に学ぶ力がある 

このような第二新卒の特徴を知ることは、転職活動で重要なポイントとなります。 

なぜならば、先に述べた3つの第二新卒の市場価値は、第二新卒の採用を行っている会社で重視しているからです。 

たとえば、新卒と変わらない若さであれば、今後長く働いてくれると期待できます。若いため経験が浅くても、将来のポテンシャルに重点が置かれています。 

また、入社後の教育次第では会社に貢献できる人物に成長してくれるかもしれない可能性を秘めています。 

そして、仕事をする上で柔軟性が重要です。前職の仕事のやり方にこだわって、改善が見られないようでは会社に貢献できません。若いということは、前職のやり方に染まっていないというメリットがあります。そのため、第二新卒者には柔軟性に富んで積極的に学ぶ姿勢を見せてくれることを期待しています。 

これらの第二新卒の市場価値をしっかりと理解した上で、履歴書や面接でアピールすることが重要なポイントとなります。 

第二新卒の転職が難しいと感じる点 

第二新卒は、新卒で入社した会社を3年以内で辞めています。新卒から数えて3年程度の職務経歴では、転職が難しいのではないかと感じている人も多いことでしょう。 

それでは、なぜ第二新卒の転職が難しいと思うのでしょうか? 

第二新卒の転職が難しいと思う点と、対策についてお伝えします。 

書類選考に通らない 

第二新卒の転職で書類選考を通過しない場合、自己アピールの内容を見直してみましょう。 

なぜならば、第二新卒の転職では、職務経験が浅いため将来へのポテンシャルや可能性が重視されるからです。 

中途社員枠で転職する時はこれまでの職務経歴について問われることが多くあります。しかし、第二新卒枠の採用は職務経歴よりも、あなた自身の転職への熱意が必要です。 

たとえば、履歴書の自己アピールの欄は、以下のようなポイントを意識して記入することが重要です。 

・早期退職したことについての反省 

・新しい仕事への柔軟性 

・仕事への意欲の高さ 

・現時点のスキル、現在勉強していること 

「前職では経理を担当していました。2年間という短い期間で転職を決意してしまったことについて、私は反省をしております。 

私は学生時代にプログラミングを学んでいた経験から、会計システムを使っているうちにシステムエンジニアを志すようになりました。 

しかし、即戦力として力を発揮するためには未熟なため、仕事をしながらプログラミングスクールに通いました。現在ではPHP、Java、C#、C++に対応できます。 

貴社のシステム開発で新しい知識を身につけつつ、売り上げに貢献できる人材になりたいと考えております

このように、先に述べたポイントに注意してあなたが転職する理由に筋道をつけて自己アピールを完成させましょう。 

第二新卒の採用担当者は自己アピールを重視する傾向にあります。そのため、履歴書を送付する会社に合わせた内容の自己アピール文を作成しましょう。 

退職理由をうまく伝えられない 

第二新卒の転職では、退職理由について必ず質問されます。入社3年未満で早期退職を決断した人のほとんどが、ネガティブな退職理由を抱えていると言われています。 

退職理由について質問された際に、ネガティブな退職理由を話してはいけません 

なぜならば、このネガティブな退職理由をそのまま伝えてしまうと、採用担当者に「またすぐに辞めてしまうのではないか」という疑いを持たれてしまうからです。 

そこで、退職理由についてポジティブに言い換える工夫が必要です。 

たとえば、「前職の残業時間が長く、仕事が辛かったため退職しました」という退職理由を素直に伝えてはいけません。「もっと成長できる御社へ転職したいと思い、退職を決意しました」と前向きな理由で回答しましょう。 

第二新卒の採用担当者は、「入社後に活躍できそうな人材なのか」「新しいことへのやる気や熱意があるのか」という点を見ています。 

第二新卒の転職を成功させるには 

第二新卒の転職は、第二新卒に求められているポイントを押さえることで成功に導くことができます。 

若手の人材を必要としていると言っても、企業側が選考基準を下げているわけではありません。そのため、事前に準備をして転職活動に臨みましょう。 

転職先の仕事と将来像が一致している 

面接で転職理由について質問をされた時に、あなた自身が将来描く目標と転職先の仕事が一致していることが重要です。 

なぜならば、採用側の企業は第二新卒に対して「またすぐに辞めてしまうのではないか?」という心配を抱いているからです。その心配を振り払うために、「今度こそすぐに辞めずに長く働きたい」という考えと根拠を示す必要があります。 

たとえば、会社側が進めている事業とあなたの将来の目標をつなげて、以下のような伝え方をすると安心感を与えます。 

「私は、御社が半期に一度成長するためのチーム目標を設定し、それを追いかけていくことにやりがいを感じています。チーム一丸となって取り組む姿勢に、モチベーションが上がります。業界の傾向やノウハウを蓄積して、社員全員のスキルが向上していく働き方を目指しています」 

このように、転職先の事業とあなた自身の将来の目標が一致している点を、わかりやすく伝えることが重要です。 

ネガティブな転職理由をポジティブに変換 

会社を早期で退職するということは、勤めていた企業がブラック企業で過酷な労働環境や、上司のパワハラによる劣悪な人間関係など、少なくともこうしたネガティブな理由があります。 

ブラック企業のせいで転職を決意したということを、転職先の企業に伝えてもあなたの印象を悪くするだけです。 

なぜならば、数年でもお世話になった企業について悪くいう人物を企業側が採用したいと思わないからです。 

たとえば、転職理由について以下のように回答したとします。 

「前職では、残業時間が80時間と多く、職場の空気もギスギスしていました。上司の長時間に及ぶ説教と怒鳴り声に限界を感じて、より良い環境で仕事をしたいと思い転職を決意しました」 

このように、あなたの口から前職のネガティブな情報を伝えた場合、企業側は「あなた自身にも何か問題があったのではないか?」と考えてしまいます。 

このようなネガティブな情報を伝えることはやめて、「なぜ、この企業に転職したいのか」というポジティブな視点で転職理由を伝えましょう。 

自己アピールポイントを明確に 

第二新卒の転職は、経験不足のため前職の実績について魅力的に伝えることは難しいです。そこで、前職の実績に代わるようなアピールが必要となります。 

自己アピールが足りていないと、熱意のない人物だったと言う理由で不採用となってしまいます。 

なぜならば、転職で成功する人は前職の仕事と転職先の企業の仕事の共通点を探し出して、自己のアピールポイントとして伝えているからです。 

たとえば、学生時代や社会人になって学んできたことや、その企業で活かせる自分の力など、その企業でなければならないアピールポイントを伝えましょう。 

このように、自己のアピールポイントと転職したい企業との共通点を見つけ出して、アピールポイントを明確にしていきましょう。 

転職エージェントのサポートを活用 

第二新卒として転職が難しいと感じた時、1人の力で転職活動を進めずに転職エージェントを活用しましょう。 

なぜならば、転職エージェントはあなたの転職活動における問題点を明確にして、対策を練ってくれるからです。 

たとえば、書類選考が難しいと感じているのであれば、履歴書や職務経歴書、自己アピールの書き方について添削をしてもらえます。また、これまでに転職を成功に導いてきた経験から面接の対策、模擬面接を行ってくれます。 

先に述べた転職エージェントによるサービスは、全て無料で受けることができます。これは、転職エージェントが転職者と企業をマッチングさせることで、企業側から成功報酬を得ているからです。 

転職の専門家と相談を受けることで、これまで難しいと感じていた第二新卒の転職活動を成功に導くことができます。転職エージェントのサービスは無料ですので、できるだけ早い段階で相談することをお勧めします。 

まとめ 

第二新卒として転職活動を始めるには、第二新卒の採用事情を知り、転職の現状やどのような人材が求められているかを調べましょう。 

そして、第二新卒の転職では書類選考や、退職理由について難しいと感じることも多いでしょう。しかし、書類で記載すべき以下のポイントを意識することで改善することができます。 

・早期退職したことについての反省 

・新しい仕事への柔軟性 

・仕事への意欲の高さ 

・現時点のスキル、現在勉強していること 

そして、退職理由についてはついネガティブになってしまいますが、ポジティブな内容に置き換えて伝えましょう。 

第二新卒の転職には事前準備が必要です。そのため、転職先と企業の将来像が一致していることを意識した志望動機にまとめましょう。また、社会人経験が浅い第二新卒ですが、自己アピールを充実させることで採用担当者に良い印象を残すようにしましょう。 

それでも、たった一人で転職活動を行うには限界があります。あなたが転職活動で難しいと感じている点も、第二新卒に特化した転生エージェントであれば成功に導くことができます。 

まずは公式サイトへの無料登録が便利です。登録後に転職エージェントから電話またはメールで連絡が入ります。直接会って個別相談を受けることができるので、転職活動が難しいと感じていたら気軽に転職エージェントに問い合わせることをお勧めします。

第二新卒の転職エージェント一覧

転職エージェント一覧

-転職活動の始め方

Copyright© 転職ハンターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.